長期滞在したヨーロッパや音楽、その後の日本での生活を話題に!


by chisanakonomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月18日9時15分発のバスで軽井沢に向いました。
碓氷峠で渋滞。バスは遅々として進みません。外の寒暖計は31度。けっこう暑そうです。プリンスホテルまでかなり時間がかかりました。ようやく終点の軽井沢駅です。
やっぱり暑いよう!でも日陰に入ると風が心地よいです。
さっそくフェスティバル参加の手続きをしてパスをもらい大賀ホールへ。

d0123163_12414155.jpg


もうおかあさんコーラスの指導が始まっています。
合唱仲間が既に席についています。
私も落ち着いて、楽譜をみながら初見で歌います。
女性コーラスって本格的にはやったことがありません。
この日の松下作品はジーンとくるほのぼのとした曲です。
心が温かくなります。
とてもよくできあがりました。
「最後にみんなの前で歌いたいねえ」と松下氏は嬉しいことをいいます。
「時間があったらね」とのこと。
この日はハンガリーの作曲家で指揮者のオルバーン・ジョルジさんの講演とアンサンブルコンテストです。
どのグループも個性があり、すばらしい演奏です。
個人的にはググットきた曲がありました。
すぐうるうるきてしまうほうですが、心に響く曲って人それぞれですよね。置かれた状況や環境で、受ける印象は変わってきます。
私はこの日、ひとつの曲に泣きました。
残念ながら音が不安定な曲があり、アンサンブルが乱れましたが、迷わず私はこのグループにオーディエンス賞を投じました。
このようなコンテストって意味があるのかなあ・・・
何でも順番を決めたい日本(海外もそうでしたが)。
せめて耕友会主催の演奏会は競い合うことを抜きにして
楽しみたいけど・・・
必ず、トラブルがおきますもの。

d0123163_12422127.jpg



そしてアンコンの最後に、歌いました!
おかあさんコーラス!
やったね!

宿舎に戻って、男性の部屋で宴会です。
いやあ話しましたねえ。
みなさんの思いがよくわかって、とってもすてきな夜でした!


翌日
午前中は台湾の指揮者のレクチャーを受ける予定でしたが
海外からの客演の講師のかたがたへのお土産等々買い物のお手伝いをすることになり、旧軽の近くまで仲間の団員とでかけることになりました。
おてごろな素敵で日本的なお土産がみつかりました。

午後からはオルバーン・ジョルジさんのレクチャーです。
MODOKIのモデル演奏。ピアニッシモのなんてうつくしいこと!
オルバーンさんの的確な指導に音が変わる様をまのあたりにしました。
しなのの女性コーラス。「あああのビブラートがなければなあ」とおとなりの仲間と話していたらそのとおりのオルバーンさんの指摘。
ふたつともすてきな歌声に変身です。

午後3時40分からの招待合唱団のコーラスが始まる前後
友人達とご対面。ひとまず安心してステージに集中です。
しなのの女性コーラスはさっきのモデル合唱と同じとは思えないほど、衣装も声もすてきです。
最後の「道化師のソネット」で泣きました。
一声きいて泣きました。
後ろの列に座っていたウェンディ(台湾から留学中の仲間)も目を潤ませていました。
この唄が聴けてほんとによかった。
最大の収穫でした。

招待合唱団の最後、台湾のフォルモサ合唱団を聴くのは2回目ですが、
リラックスして歌っているように見えるのはさすが!
”自由”という言葉がぴったり。そして暖かくやわらかい響き。国家から支援を受けている合唱団。セミプロですね!
コンビニで彼らに会いましたが、如才なく人柄がにじみ出ていました。

d0123163_1244392.jpg


三日目は友人のお相手です。
軽井沢の雰囲気を味わいましょうと旧軽方面へ。
別荘地を抜けるとそこにはワンちゃんOKのレストランが。
イタリアンのセットメニュー1800円・・・ちょっと高めですね。お味は大雑把。犬に重点をおいているようです。
売店も犬のグッズばかり。
Tシャツがありましたが、犬用かと思ったらこれは人間用でした。

旧三笠ホテルでは無料のコンサート。イケメンのチェリストと
かわいいヴァイオリニストとチャーミングなピアニストの三重奏です。しかし西日があたって暑いのなんのって。
演奏者も汗だくです。三笠ホテルのロゴの入った手ぬぐいで汗をぬぐうイケメンチェリストさん。私も買いました、手ぬぐい。

d0123163_12453044.jpg


友人を駅まで送り届けて、温泉へ。
小諸の向こう東御市(とうみし)の湯楽里(ゆらり)館で
温泉につかりました。見晴らし抜群。夕日夕焼けがきれいでした。長野県の温泉で一番の見晴らしだそうです。夜景もきれいでした。


21日の夕刻近く、軽井沢をあとにしました。
お名残り惜しいけど水曜日から仕事がまっています。
さようなら軽井沢!

さてさてこのたびの軽井沢滞在で収穫は

1、友人達にお会いできたこと

2、演奏会が成功したこと(会場一杯のお客様でした・・・身内も多いですが・・・)

3、合唱団の仲間とよりいっそう交流ができたこと


4、知人の好意で別荘をお借りできたこと

5、温泉に入れたこと

6、軽井沢八月祭という音楽祭の開催とぶつかったこと
  (無料コンサートがいたることろでありました)

7、欲しいと思っていたものが手に入ったこと
  (白い夏用のバック・・・軽い、日よけ腕カバー・・・冷   え防止にも役立つ)

8、大好きなとうもろこしとチーズが味わえたこと

9、浅間山がくっきりと見えたこと

などなど数えだしたらきりがありません。

この滞在を心地よいものとしてくださったみなさまに
感謝です!
(友よ、わがままばかりでごめんね!)



[PR]
by chisanakonomi | 2007-08-25 12:45

身を固めます



昨夜は職場の役員の新旧交代のお祝い会でした。
そこで大本営発表が・・・
いや知らないのは私と僅かな人だけだったかもですが、
20年以上役員を務めてきた看護師のMさんが
なんと寿退任だというのです。

4月に委員長に「私身を固めることにしました」との電話。
誰もそれと寿が結びつかなかったようです。
何でって、結婚したがらない3人の女の一人だったのです。
仕事一筋。大変魅力的な人なのに、世の男性は目がないなあと思っていたのですが、見る目のある男性はいたようです。

女の私でも惚れるしゃきっとした、素敵な人です。
お相手は研修医だとか。
「なら年下?」とずばり聞いてしまいました。
どうやらそのようです。
「いろいろ私に気はつかってくれる」のだそう。

ご本人曰く「人生捨てたもんじゃないね」

周りのうるさがたの男性は「中高年に勇気を与えてくれるねえ」
ですって。

確かに!!

おめでたい話に私も勇気をいただき、
明日への希望がわいてきました。


結婚がすべてじゃないけど、
言ってみたい

「人生すてたもんじゃない!」

d0123163_72194.jpg

d0123163_7214061.jpg

[PR]
by chisanakonomi | 2007-08-09 07:23